そもそも土地の名義変更とは?どのようにすればいいの?

土地など不動産の名義変更は、すべてが法務局の管轄・窓口となっています。

名義変更を望む人の多くは行政書士に依頼し、報酬を払って一式を実行してもらいます。

▽土地など不動産の名義変更について。

不動産の名義変更とは、その人(登記簿の所有者)の名義を変更して所有権の移転登記を行なうことをいいます。

土地だけではなく家屋やマンション、施設などの建物、所有する不動産物件のすべてに必要となる手続きです。

基本的には法務省法務局に出向いて名義変更のための手続きをとることになります。

▽登記簿の名義変更も法務局で申請。

土地の所有者(名義人)が亡くなったり、土地など不動産の売買をして所有者が変更になったりした場合は、登記簿の名義も変更することになります。

同じように法務局へ出向き、所有権の移転登記を申請します。

これら一連の登記申請の行為は「不動産の名義変更手続き」と呼ばれています。

戸建て住宅もマンションや施設なども一切が含まれています。

▽所有権移転の登記申請手続きには専門的な知識と経験が必要。

土地などの名義変更を行なう人の多くは司法書士に依頼します。

自分で土地などの名義変更をしたいという人もいますが、法的に効力のある名義変更等の書類は、文言や書式が厳格で間違いが許されません。

未経験者がこれをスムーズにクリアするのは不可能と言えます、司法書士(行政書士)に依頼しましょう。

☆おすすめサイト紹介…相談料無料の不動産名義変更手続センター