外壁塗装が劣化する時期とメンテナンスは、新築から何年後が目安?

・外壁塗装の劣化と塗り替え時期の目安について。

新築住宅といっても外壁塗装はある時期を迎えると塗料の被膜のひび割れや剥奪など、表面の劣化が顕著になってきます。

目視でそれがわかるくらいですから、目に見えない奥のほうはもっと劣化が進行しているのではないかと心配です。

では、新築住宅の外壁塗装が劣化したとして、何年後に塗り替えが必要になるのでしょうか。

その目安はあるのでしょうか。

いったいどれくらいのタイミングで定期的なメンテナンスが必要になるのかをご紹介しましょう。

・外壁塗装の部材ごとのメンテナンスサイクル。

定期的な塗り替えの時期(期間)をメンテナンスサイクルと呼びます。

外壁が吹き付け 塗装の場合、6~10年といわれています。

同じく外壁がサイデイングの場合は10年、ALCパネルでは10年、屋根がカラートタンの場合なら新築から5~8年、同じく屋根がスレート(コロニアル)なら 10年が目安とされています。

また屋根・外壁に関わらず一部が木製や鉄製であった場合、3年を目安に塗り替えをすべきと示されています。

もちろんこれは素材ごとの平均的な老朽化のペースから割り出された平均値ですから、先にご紹介したように目視でひび割れや塗膜の剥奪が見つかった場合は、塗り替えの目安や時期に関係なく、できる限り早めの対処が必要です。

・建物の南側と北側で起こる劣化の違い。

日本の家屋・住宅やビル・公共機関などすべての建物は、南側に大きな開口部を取り、自然光が差し込むようにつくられています。

反対の北側は対照的な環境となり、日差しは少なく湿気の溜まりやすい環境になります。

当然のことながら太陽光の紫外線が1日中あたる南側とそうでない北側とでは、同じ住まい・建物でも劣化の状態やスピードが違ってきます。

このように立地や建物の向き、間取りの状況によって劣化の強弱は異なります。

目安やタイミングは1つの参考として、「基本的に目で見えるカ所が傷んでいたら早急に塗り替えをする」、「目に見えにくいカ所については塗り替えの目安をベースに考える」、このように割り切って対応していけば良いのではないでしょうか。

・外壁塗装リフォーム・補修を行う時期。

外壁塗装を実際に行う場合のタイミングですが、冬場や梅雨どきは塗料の乾燥が遅く、そのまま重ね塗りなどをしてしまうと、湿気を塗膜と塗膜のあいだに封じ込めてしまうことになり逆効果です。

とくに全面的な外壁塗装工事を行う場合には、梅雨時や雨の多い時期でも、晴天つづきの日を選んで、最低でも“好天つづき3日間”はキープしましょう。

サビなどの下地劣化、コケ、藻などは目に見えにくい湿気の多い北側に自生します。

天候を見極めて、洗浄・下地処理から的確な手順でメンテナンスをすすめましょう。

できれば春から夏にかけての温暖な季節が最適です。


▼外壁塗装をお考えの際には【無料見積もり可能な外壁塗装の窓口】までどうぞ