土地の名義変更にかかる費用はどれくらいですか?

土地の名義変更にかかる費用には「実費」と「報酬」の2種類があり、費用は名義変更を申請する年度・土地の面積によって変わってきます。

▽あらゆる不動産の名義変更にかかる登録免許税。

不動産の名義変更をするには、土地に限らず、アパートやマンションの所有物、戸建て住宅などにも「登録免許税」が必ず必要になります。

登録免許税額は、毎年公表されている不動産の評価額や手続きの内容によって違ってくるので、一概にこれくらいとは言えません。

名義変更する年度の評価額と土地の面積でだいたいのところは割り出せます。

▽登録免許税等の実費とは別に専門家への報酬も。

登録免許税の他にも、手続き・申請の内容によって、それぞれ税金がかかってくる可能性があります。

例えば、土地や建物の不動産を名義変更手続きした場合の費用は、登録免許税の他に手続き書類を作成してもらう為依頼する司法書士への報酬金も発生します。

これらを合わせ、土地の名義変更にかかる費用は「実費」+「報酬」で算出する事ができます。

▽実費はどこで名義変更の手続きを行なっても同額ですが、司法書士などの専門家に対する報酬は事務所によって異なります。

仮に土地の面積が広く数カ所に点在していた場合や、名義変更に絡んで相続人同士のトラブルがあった場合、土地に抵当権が設定されていた場合などで、実費や司法書士への報酬は違ってきます。

報酬は手続きの量・種類・難易度によって異なります。

事前に司法書士のサイトなどで下調べしてみてください。