土地や家など、名義変更のための必要書類には何がありますか?

土地の名義変更に絡む必要書類といっても、書類の種類は申請する内容によって個々に異なります。

以下を参考にしてみてください。

▽相続に絡む土地などの名義変更では。

土地を含む戸建て住宅やマンション・店舗などは、申請の内容によって書類の種類が違ってきます。

たとえば不動産の所有者が亡くなった、離婚に関連する名義変更と分与、不動産を売買するための名義変更といったものです。

たとえば相続(遺産相続)に絡む土地などの名義変更には、故人に関する書類の他、相続人全員の書類が必要になります。

▽生前贈与・贈与、離婚にまつわる財産分与。

生前贈与を含む贈与に相当する場合は、“無償で不動産を譲り受ける際の名義変更手続き”となります。

相続人(譲り渡す故人)と被相続人(譲り受ける人)、双方の書類が必要になります。

また離婚にまつわる財産分与の不動産名義変更には、元夫婦それぞれの関係書類が必要になります。

≫≫ご参考に:樹木希林さんにみる「賢い相続」 空き家は賃貸に、会社も名義変更

▽このように不動産名義変更のための必要書類といっても、内容と種類は多岐にわたります。

司法書士事務所に相談してみましょう。

上記の他に、土地を含む不動産取引であれば、売却・購入に際しての名義変更手続きとなるので、売る人・買う人それぞれの書類が必要になります。

このように準備すべき書類はケースバイケースです。

ネットにある司法書士事務所にメールで相談すると、さらに的確な回答が戻ってきます。