外壁塗装の工期は「1週間+雨などの天候次第」で考える。

・外壁塗装の工期は1週間が目安。

外壁塗装をプロの塗装業者さんにお願いした場合、工期はどれくらいになるのでしょうか。

塗装面積にもよりますが、おおまかで1週間程度と見ておけば良いようです。

ただし外壁塗装の塗装工事の作業は、天候に左右されやすいという面をもっています。

雨降りの日が多い梅雨時や朝晩の寒暖差の大きい冬どきなどは、天候によって工事日程が延びることもあります。

あまりギリギリのところで依頼せずに、余裕をもって発注しましょう。

・外壁塗装 工期初日~2日 1日目には足場を設置したり、家の周囲にパイプを組んで養生シートを張ったりして職人さんの作業環境を整えます。

外壁塗装の日程の中で、比較的音が鳴ったりして気になるのは、こうした作業がある初日くらいで、あとはたいした音も気にならないほど静かにすすんでいきます。

作業環境が整ったら、ご近所への挨拶まわりを済ませてくれます。

職人の出入り、作業の音、外壁の高圧洗浄などで多少のご迷惑をかけること、また外壁塗装の工期などを知らせてくれます。

2日目から外壁の高圧洗浄に入ります。

外壁塗装の工程の中では、この高圧洗浄がもっとも大事な工程で、外壁の汚れがいかにきれいに落ちたかによって、塗り替えた塗装の善し悪しが決まります。

塗料の密着度・長持ちするかどうかの決め手です。

・外壁塗装 工期中盤3日目以降は、サビ止めや下地処理・下地調整を行います。

塗装は、塗る場所と塗らない場所の境目がいかにきれいにピッシリ決まるかが腕のみせどころと言われています。

そのラインを美しく出すためのマスキングやテーピングなどが、塗装カ所ごとに入念に行われていきます。

戸袋、雨戸、破風、鼻隠し、トイ持ちといった部位にはとくにサビがつきやすいカ所ですので、サビ止めのための下地塗装もそれだけ入念に行われます。

また外壁塗装においてはこれらの下地処理をすすめていく過程でひび割れや剥奪などが発見されることがあります。

そうした場合は修復・コーキング処理(防水処理)が必要になりますので、その後の工期にも影響することがあります。

・外壁塗装 工期終盤4日目以降は下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ)と工程をすすめ完成となります。

住まいの塗り替えにおける外壁塗装の下塗りは、下地強化剤という塗料を施すことで、外壁そのものの強化をはかることからスタートします。

この下地強化剤をしっかりと塗布することで強度とともに、上塗り用塗料の定着力を高める効果も出てきます。

下塗り→中塗り→上塗りと3回の塗り作業を繰り返します。

最後の工程となる最終日に仕上げ塗り(上塗り)を行って完成~引き渡しとなります。